高齢者 パーキンソン病 寿命

高齢者のパーキンソン病の寿命

スポンサーリンク

高齢者のパーキンソン病の寿命は15年ぐらいとなります。
つまり65歳でパーキンソン病になると80歳までしか生きられないということです。
60歳なら75歳なので気をつけましょう。
パーキンソン病はだんだん身体が動かなくなってしまう病気なのでリハビリをしないと完全に動けなくなってしまいます。
高齢者なのでもういいだろうと人生をあきらめないでリハビリを頑張って直していくべき病気だと思います。
直していくように日々努力をしていくことが大事になってきます。
リハビリをちゃんとしないと全く動けない体になってしまいかねないですのでしっかりとそのような事は意識をする必要があります。
パーキンソン病は甘くみてはいけない病気なのです。
また寿命を考えて残りの人生って一体自分に何ができるのかということも考えたほうがいいわけです。

スポンサーリンク

人助けなどもやろうと思えばできるわけです。
自分がパーキンソン病でも人の役に立つことはできるわけです。
寿命や余命のこともよく考えて残りの人生をどのように生きていくか考えていくことも必要です。
入院した方がいい場合もあります。
高齢者でパーキンソン病をわずらっている人はあきらめないで努力をしていくことが大事だと思います。
諦めてしまうとやはり体がうごかなくなってしまいますし注意をしなければいけません。
リハビリをしておけば健常者の方とほとんどかわらない生活ができるので毎日規則的に動くことが大事です。
また認知症との合併症を起こさないよう気をつけることが一番大事です。
なので脳のトレーニングも必要だと思います。
しっかりと身体や頭を動かして対策をしていく必要があり大事なことです。
リハビリで運動などをして対策をしていきましょう。

スポンサーリンク