若年性パーキンソン病 ストレス

若年性パーキンソン病の原因はストレスからくるもの?

スポンサーリンク

今回は、「若年性パーキンソン病がストレスが原因で発症するのか?」についてお話しします。
最近の傾向としては、何故か20代30代の方が発症することが多くなっています。
通常は高齢者に多い病気なのですが、最近になって若年僧での発症が目立ちます。
とくに、中学生や高校生でも発症する場合も増加傾向にあります。
この原因として考えられるものが、遺伝性の若年性パーキンソン病です。
働き盛りの20代や30代が最も発症しやすくなります。
症状としては、若い人なのに手足の指がピクピクしたり、歩きにくくすくみ足になったりします。

スポンサーリンク

こういう症状がでてもほとんどの人は原因がわからず、病院を受診しても原因特定に至らない場合がほとんどです。
精神疾患だと勘違いされる場合があるくらいですので。
このような精神疾患だと誤診されることがあるため、そのまま症状が進行して、取り返しのつかない事態にもなりかねないのがこの「若年性パーキンソン病」なのです。
もっと世の中に理解を浸透させて、医療機関もパーキンソン病についてしっかりと診断できる医師を作り出すことが急務だと考えます。
若い人が若くしてなくなる可能性も秘めておりますので、しっかりとパーキンソン病を理解していきたいところです。
このパーキンソン病というものは、進行が緩やかなので、病気だと気づかなくてもおそらく10年は影響があまりないと思います。
しかし、いつのまにやら寝たきりになったり、体の自由が利かなくなったりと、突然自分自身が気づくときがくるかもしれません。
いずれにしても、若年性パーキンソン病であるという事実を早期に見つけておくことが、早期治療につながり結果として将来的な身体的自由の確保につながると考えます。

スポンサーリンク