パーキンソン病 進行 寝たきり

パーキンソン病の進行度合いと寝たきりの症状について

スポンサーリンク

今回は「パーキンソン病の進行度合いよる寝たきりの症状について」お話ししたいと思います。
前回の記事でもお話ししましたが、パーキンソン病は症状の進行により、寝たきりになる場合が多くあります。
しかし、最近の医学では「寝たきり」にならないように食い止めることもできるとのことです。
それはどういうことかといいますと、進行度合いによって区分分けされるのですが、適切な処置を施すことで、症状の進行を食い止めることができるのです。
これにより寝たきりになる前に症状の進行を食い止め、結果的に寝たきりにならないようにするのです。
ちなみに、「ヤール重症度分類」と「生活機能障害度」という2つのポイントがありますが、重症度が3でかつ障害度が2以上の場合は、国から医療費の助成を受けることができます。

スポンサーリンク

これにより、費用を気にせずしっかりとした治療を受けることができるのです。
意外と知られていませんので、パーキンソン病の方やご家族や友人がパーキンソン病の方はぜひ利用されることをおすすめします。
パーキンソン病の患者さんが寝たきりになってしまう理由のひとつとして、適切な治療が受けられずに症状が進行してしまうことがあるため、この進行を少しでも食い止められるようにもっともっと医療費助成などの情報を多くの人に伝えたいと思います。
1人でも多くのパーキンソン病患者さんが寝たきりにならずに、病気が発症しても日常生活でうまく症状を抑えながら楽しい生活を送ることができるようになったら嬉しく思います。
かならず症状は食い止めることができる時代ですので、あきらめずに適切な治療をうけていきましょう。
パーキンソン病患者さんの明るい未来を応援します。

スポンサーリンク