高齢者 パーキンソン病 寿命

高齢者のパーキンソン病発症時の寿命について

スポンサーリンク

今回は、「高齢者のパーキンソン病発症時の寿命」についてお話ししたいと思います。
まず、高齢者の場合は、パーキンソン病を発見することが難しいです。
なぜかと言いますと、パーキンソン病の症状の1つである手の震えなどは、高齢者の方が日常生活で既に発症している場合があるからです。
いわゆる肉体の老化に伴う震えです。
このような点からパーキンソン病の発症したことの発見が遅くなる傾向にあります。
ではどのようにパーキンソン病の発症を発見することができるのか?
それは、病院で手の震えなどを数値的に検査してもらうことです。
また、パーキンソン病の疑いがある場合は、それに対応した検査をしてもらうことが効果的です。
それでは、高齢者の場合のパーキンソン病発症したことによる寿命についてですが、これは個人差があり5年から10年と言われております。
しかし、進行度合いにより、それ以上の場合もあります。

スポンサーリンク

ただ、この寿命が厄介でして、生きられることは非常に良いのですが、多くの場合、身体の自由がきかずにほとんど寝たきりで余生を10年も過ごすといったことがあります。
これは家族からしたら耐え難い苦しみです。
ずっと寝たきりにさせてしまっていいのだろうか?
本人は辛くないだろうか?
などと心配をしてしまいます。
パーキンソン病は症状の割にかなり寿命が長いため、生きている間の時間が寝たきりであると本当に辛いと言います。
知り合いの方のお爺さんがパーキンソン病でして、その方を見ている方にお話を伺ったのですが、何も出来ないのにベットで横たわっているだけなので、本当に辛いと毎日のように言っているそうです。
これを見ている家族の方は何もしてあげられないから余計に辛いですね。、このように高齢者のパーキンソン病もなかなか難しい問題があります。

スポンサーリンク