パーキンソン病 症状 余命

パーキンソン病のどんな症状で余命がわかるのか?

スポンサーリンク

今回の記事では、パーキンソン病の症状でどのような判断をすると余命がわかるのかをお話しします。
そもそもパーキンソン病は余命宣告させる病気だという認識があまりないかもしれません。
しかし、症状によっては命に関わる重大な症状があります。
それでは、どのような症状があるのでしょうか?
それを見ていきましょう。
パーキンソン病は通常ですと、診断されてから大凡15年という余命宣告がされます。
これはあくまで一般的なお話ですので、治療をしていかない場合は症状が悪化し、日常生活が困難となりもっと短くなる場合もあります。
しかし、パーキンソン病の中で併発して、認知症が発症した場合はかなり余命が短くなります。
大凡3年ほどになります。
認知症を発症しただけで余命が10年以上も短くなるなんて誰が想像したでしょうか?
びっくりですよね。

スポンサーリンク

しかし現実なんです。
このパーキンソン病は、現代医学では完治させることができない病気です。
通常治療をしっかりできれば、一般の人と同様な生活を送ることができます。
ここがほかの病気と違うところです。
しかし、一度治療を止めてしまうと症状が悪化してしまい、パーキンソン病の症状である「ヨダレが垂れっぱなし」「いろんなところが痛む」のようなものがどんどんと症状として出てきます。
このようになると、通常の生活を送るのは非常に困難になり、やがて認知症が併発して余命が残り3年ほどだと告げられるのです。
なかなか難しい病気なのです。
治療できなければ通常生活を送ることができないというのは非常に辛いことですが、やはり治療にはお金もそれなりにかかるため、なかなか治療に移れない人がいるのも事実です。
このようなところも国の支援をもっと手厚くして欲しいなと思うところです。

スポンサーリンク