パーキンソン病 遺伝 確率

パーキンソン病が遺伝する確率はどれくらいなのか?

スポンサーリンク

どうもこんにちは!
今回の記事では、「パーキンソン病が遺伝する確率はどれくらいなのか?」ということで、このタイトルの内容にそって進めていきたいと思います。
ここで記載した内容がみなさんのお役に立てることが何よりうれしいことですので一生懸命書きたいと思います。
それではまいります。
パーキンソン病は、通常のもののほかに、家族性パーキンソン病という種類があります。
これは、主に遺伝性のパーキンソン病というわけです。
この遺伝に関して、どれくらいの確率で発症するのか気になりますよね?
これについてリサーチした結果をお話しします。
通常の発症率は全体の人口から換算すると、1000人に1人の割合で発症する方がいるくらいの確率です。

スポンサーリンク

これが、60歳以上になると100人に1人の割合に跳ね上がります。
これが家族性で両親がパーキンソン病患者だった場合は、50%もさらに確率があがるといわれています。
片親だけだとその半分の25%程度。
遺伝することはわかっているのですが、必ずしも発症するとは言い切れないのもこの病気の特徴なのです。
両親がパーキンソン病だからといって、自分がなってしまうと落ち込まないようにしてくださいね。
あくまで発症する確率がほかの人より高確率になっているというだけですので。
少しでも参考になればいいなと思います。
以上で話を終わります。
この記事内容がお役に立てたら非常にうれしく思います。
今後もこのような記事を書いていきますのでどうぞよろしくお願いします。
それでは。

スポンサーリンク