若年性パーキンソン病 進行

若年性パーキンソン病の進行の速さについて

スポンサーリンク

どうもこんにちは!
今回の記事では、「若年性パーキンソン病の進行の速さについて」ということで、このタイトルの内容にそって進めていきたいと思います。
ここで記載した内容がみなさんのお役に立てることが何よりうれしいことですので一生懸命書きたいと思います。
それではまいります。
パーキンソン病は主に高齢になってくると発症しやすい病気で、70歳〜80歳くらいがもっとも多くなります。
しかし、20歳代でも発症する可能性があることをご存じですか?
若くして発症してしまうことを「若年性パーキンソン病」といいます。
この若年性パーキンソン病は病状の進行がかなり遅いのが特徴です。

スポンサーリンク

通常のパーキンソン病は、60歳に発症しても75歳くらいまでは余裕で生きることができます。進行度合いが緩やかなことが印象的です。
しかし、若年性になってきますとかなり進行がさらに遅くなります。
薬の効果もさらに長く効くようになります。
症状としては、寡動が主な症状で発生し、手足の震えは少ないです。
通常のパーキンソン病ですと、手足の震えや筋肉硬直が多くありますね。
姿勢反射障害もあるのですが、通常のものとは違い、ちょっと押されただけでは転倒しないことも特徴です。
この若年性パーキンソン病はあまり有名ではないため、しっかりとした専門医でないと診断をすることは困難でしょう。
この病気が発症した方は、薬事療法をしっかりと行い、長い目で付き合っていく心構えが必要です。
少しでもこの情報が参考になって、認知度が高まればいいなと思います。
それでは。

スポンサーリンク