パーキンソン病 症状 よだれ

パーキンソン病の症について(よだれ)

スポンサーリンク

どうもこんにちは!
今回の記事では、「パーキンソン病の症について(よだれ)」ということで、このタイトルの内容にそって進めていきたいと思います。
ここで記載した内容がみなさんのお役に立てることが何よりうれしいことですので一生懸命書きたいと思います。
それではまいります。
パーキンソン病の患者さんでよだれをよくたらすというのを聞いたことはありませんか?
これは、病気の症状によって引き起こされているものなんです。
パーキンソン病によってどのようによだれが垂れてしまうのかを解説しますと、病気の症状として筋力の低下により、唾液を飲み込むことが難しくなるため、唾液がたまってしまいあふれてでてしまったということになります。

スポンサーリンク

また、病気の症状によって、唾液の分泌量が異常になり、唾液を処理しきれなくてあふれてたれてしまうということになります。
パーキンソン病患者の7割くらいの人がこのよだれを垂らすという症状を持っているくらい特徴的なものです。
ちなみに、よだれをたらしやるくなる症状については薬で改善することが可能ですので、気になるようでしたら医師に相談して薬を処方してもらってくださいね。
結構よだれが垂れたり、あふれたりしていると日常生活をしっかりと過ごすことができなくなりますので、その辺を十分理解したうえで、治療をしていってくださいね。
以上で内容を終わります。
いかがでしたでしょうか?
参考になりましたか?
お役に立てたらうれしく思います。

スポンサーリンク