パーキンソン病 リハビリ 作業療法

パーキンソン病のリハビリについて(作業療法)

スポンサーリンク

どうもこんにちは!
今回の記事では、「パーキンソン病のリハビリについて(作業療法)」ということで、このタイトルの内容にそって進めていきたいと思います。
ここで記載した内容がみなさんのお役に立てることが何よりうれしいことですので一生懸命書きたいと思います。
それではまいります。
パーキンソン病のリハビリについてお話をしていきますが、今回は作業療法についてお話しします。
この作業療法についてはどのようなものなのか?
これは、パーキンソン病患者の方が、自力で食事をしたりすることができるようになるための訓練を中心に行います。
大きくは、食事の訓練などです。

スポンサーリンク

通常ですと箸をしようするかと思いますが、この作業療法では、自分でできる感覚をつかむためにスプーンやフォークなどの使いやすく食事がしやすい道具を使います。
これにより、少しずつでも自力で食事ができるようになり、メンタル面も改善されているという形です。
パーキンソン病患者さんは、自分で何もできなくなることに対してすごいストレスを感じていますので、このような身近な食事から自力でできるようにさせることは重要な訓練となります。
もし家族にパーキンソン病患者さんがいる場合は、なるべく食事を自分でやらせてあげるように協力しましょうね。
この記事内容については以上になります。
参考になる部分がありましたでしょうか?
このような内容でもお役に立てているなら非常にうれしく思います。
以上で終わります。

スポンサーリンク