ストレス パ−キンソン病 特徴

ストレスからくるパーキンソン病の特徴と体験談

スポンサーリンク

どうもこんにちは。
パーキンソン病の専門サイトを運営する管理人です。
いつも当サイトをご覧いただきありがとうございます。
いつも本当に感謝でいっぱいです。
というわけで、今回はストレスからくるパーキンソン病について私の友人の体験談を元に特別にお話させていただきます。
体験談は非常に貴重なものですので、みなさんのお役に立てると幸いです。
それでは体験談をお話させていただきます。
私の友人が35歳のときの話です。
仕事がすごくうまく進んでいる時代でしたが、仕事量がすさまじく多く、自分の時間や食事、睡眠などをとる時間すらなかなか取れない状況でした。
それに加えて、休日という概念がまったくなかったため、ストレス発散する場もなく、上と下からのサンドイッチ状態でストレスが過剰となる極悪環境が長く続きました。
記憶にある期間で言えば1年間ほどとのことです。
しかしながらストレスによる記憶障害もあったため、実際の詳しい期間はまったくわからないとのことです。
こんな生活を続けていくうちにある日異変がありました。

スポンサーリンク

手の震えが止まらなくなるときが出てきました。
そのときは、きっと緊張しているだけだろうと高をくくっておりました。
しかし、1ヶ月、2ヶ月と日が経過するにつれ、だんだんと手の震えがとまらない時間が長くなり、仕事に支障が出てくるようになりました。
さすがにおかしいと思い病院へ言ったそうです。
しかし、そのときは医者から疲労だといわれたそうです。
そのため、休むことができない環境だったので特に何もせず疲労が原因だと思い込んでさらに数ヶ月すごしました。
そして半年後、手の震えはとうとうとまらなくなり、よだれもたれっぱなしとういう症状が追加されました。
これをみた家族がさすがにおかしいと思いセカンドオピニオンを受けたら、ストレス性のパーキンソン病と診断されたそうです。
このようにいつどのように発症するかわからない病気ですので、ストレスだけは本当に解消する手立てをみなさんで持ったほうがいいと思いました。
ストレスは身近にありすぎてなかなか考えることがないものですが、しっかりと考える必要があることですのでぜひとも今後は考える人が増えてくれることを祈っております。
これで私の友人のストレスからくるパーキンソン病の体験談を終わります。
ここまでご覧いただき本当にありがとうございます。

スポンサーリンク