パーキンソン病 症状 余命

パーキンソン病の症状とその余命などについて

スポンサーリンク

みなさんはじめまして。
このサイトを運営しているものです。
このサイトでは、「パーキンソン病」という完治できない難病についてお話をしております。
このパーキンソン病については、高齢者に多く発症する病気として有名であります。
あまり若年層では発症する例がありません。
それと、このパーキンソン病が発症した場合の余命などについてもある程度わかってきております。
この病気は非常に気づきにくく、いつのまにか発症していることに気づくパターンが多い病気なんですね。
それはなぜなのか?
これは脳に発症する病気だからなんですね。
脳は人間の体全体をつかさどる部位なので、この部分が侵されてしまうと正常な判断が下せなくなります。
よって、自覚症状なくしてこのパーキンソン病に気づくことができない感じになってしまうんです。
このパーキンソン病について、ほかの記事の中でさまざまな角度からお話をしていきたいと思っております。
私の友人や知人でパーキンソン病患者を介護している方がいらっしゃったりしますので、実体験も踏まえてお話しをすることができると思います。

スポンサーリンク

この病気は脳の病気なので、体のさまざまな部分に影響を及ぼしてしまいます。
その影響で、日常生活が困難になったり、この症状を改善することができないため、どんどん症状が悪化して最悪の場合は死に至るうということも起こりえる病気なんですね。
あまり死に直結するイメージはないかもしれませんが、実際に余命は15年ほどといわれております。
しかも、脳の病気であるため、認知症が合併で発症した場合の余命は、なんと3年ほどとかなり短くなってしまいます。
これはかなり重大な病気であるということがお分かりになったのではないでしょうか?
このパーキンソン病について、世の中の認知度があまり高くないこともあり、医療の革新があまりすすまず、現在の医療技術でも完治することができない病気なのです。
完治できないどころか、症状をおさえることしかできないため、治療をしない場合はどんどん悪化していくだけなのです。
これは何を意味しているかといいますと、少しでも治療を休めてしまうと、症状がどんどん悪化し、死亡する確率が高くなるということです。
もっとも、この病気については、治療をし続ければ日常生活を普段通り送ることができるという面もありますが、治療自体が結構大変なので、実際は日常生活に支障があるのではと私は思います。
これからほかの記事でいろいろなことについて解説していきますのでぜひともご覧になっていってくださいね。

スポンサーリンク